9月26日久留米校GKスクールレポート☆何度やっても飽きない基礎技術!? | 福岡ゴールキーパースクール

9月26日久留米校GKスクールレポート☆何度やっても飽きない基礎技術!?

2018年9月29日

おはようございます!!

 

スタッフ高森です!!

 

今回の久留米校では小中学生合わせて基礎技術を徹底的に磨きました!

 

 

まずは、U-12から!

 

前回行ったバージャンプの前に低いバーを設置!

地面からの跳ね返しを利用してジャンプ動作を身につけていきます。

 

 

少しずつですが自分の体重を上に持ち上げることに慣れて来ましたね!!

 

 

キャッチングの際にもスムーズに体を運べるようになって来ました。

 

 

グラウンダーのキャッチングでは低いバーを2つ利用し、

より着地の瞬間の姿勢やキャッチングフォームを意識しました。

 

 

下のボールは膝を曲げる動作が入るので意外に難しいんですね!

基本的なところだけれどもクオリティを上げるためにはこういったトレーニングが必要です。

 

 

次に行ったのが乙女座りの状態でのローリングダウン

 

 

グラウンダー(ゴロ玉)・ライナー(浮き玉)・バウンドボールの3種類を行いました。

この3種類のボールを確実に止めるポイントは実は同じなんですね!

 

 

このポイントを知っていれば難しいショートバウンドのボールからでもゴールを守る事が出来ます!

 

 

さらに今回は、倒れた後の起き上がりまで練習しました。

 

 

倒れた後にいかに早く起き上がり、次のプレーに移行することは

試合中において非常に重要だと思います。

 

 

では、早く起き上がるためにはどうしたらいのでしょうか?

実はここにもちょっとしたコツがあるんですね!

 

 

基礎的な部分でもそのポイントやコツを知っているかどうかで試合でのプレーは

全く別のものになりますよ?!

 

 

 

続いて、U-15/U-18のトレーニング!

 

こちらのグループはコーチが蹴ったボールをキャッチしていきます。

 

 

手で投げた比較的スピードのないボールに対しては確実にキャッチングできるでしょう。

しかし、試合中にそんなボールは飛んで来ません。

ボールスピードを上げて技術を発揮できるように積み重ねます。

 

 

負荷がかかった状態でも腰を落としボールをおさえます。

 

 

ボールが通り抜けないようにこの足の形を作ります。

膝を地面につけないように作るのでモモへの負荷がかかりますがここをサボるわけにはいきません!

 

 

ローチングダウンのところではスタート時。意外と苦戦していましたね。

 

 

普段、ウォーミングアップなどでも行っているのですが意識していなかった部分だったのではないでしょうか?

基本技術は奥が深いですね〜だから何度やっても飽きない!!

 

 

このボールの押さえ方をマスターしておけば強いボールがきた場合にでも対応可能です!

 

 

倒れるよりも先にボールを〇〇〇〇こと!

気になる選手はぜひ体験に来た時にコーチに質問してみてくださいね^^

 

 

中高生になるとゲームのスピードが上がります!

そのスピードに対応できるようにGKも全てのスピードを上げていかなければなりません。

 

 

そういった部分もまずは基本的な部分の質を上げてプレーすることからはじまります。

基礎ができているから応用できる!

あなたの基礎技術は本当に完璧ですか?

 

 

福岡ゴールキーパースクールではどの年代でもまずは基礎技術からきっちり指導しています。

基礎無くして応用はできないからです!

技術というのは1回練習すれば獲得できるものではありません。

何度もやってコツコツ積み重ねる事が必要なのです。

その積み重ねは早く始めれば始めるほど積み重ねる事が出来ますよ!

 

・GKを始めたばかりの選手

・チームでGKの専門的なトレーニングを受ける機会がない選手

 

試合でシュートを止めたい!上手くなりたい!と思うのではれば

早くこの積み重ねをスタートさせましょう!!

 

まずは体験へお越しください^^

 

STAFF☆HIKAKIN

 

LINEで送る
Pocket

まずは無料体験へ!

すでにチームでGKをやりながらゴールキーパーのトレーニングを受けたいという方はもちろん、これからGKを始めるといった初心者の方も、

という方は、まずは無料体験でプロの指導を受けてみませんか?前向きに取り組める環境を整えているので安心してください!失敗の数だけ成長できます。

誰でも「初心者」から始まっています。はやく始めるほど、上達も早くなります。ぜひシュートを止める快感を味わってほしいです。

また、現在抱えている悩みがありましたら、ぜひ私たちに教えてください!