10月28日福岡本校GKスクールレポート☆GKの醍醐味!シュートを止める技術を知ろう! | 福岡ゴールキーパースクール

10月28日福岡本校GKスクールレポート☆GKの醍醐味!シュートを止める技術を知ろう!

2019年11月4日

おはようございます!

 

 

スタッフ・内野です!

 

 

今回のトレーニングテーマは各グループで設定!

 

福岡ゴールキーパースクールでは、月4回ある練習のうち

1週目シュートストップ、2週目ブレイクアウェイ、3週目クロス、4週目その月の課題

というようにテーマを決めてGKに起こりうるシチュエーションごとにトレーニングを行うことで試合で活躍できるGKの育成に取り組んでいます!

今週は各グループの課題をもとに、GKの醍醐味であるシュートストップのレベルアップに取り組みました!

 

 

 

U-12&U-13グループはグラウンダーボールに特化!

 

 

グラウンダーボールとはいわゆるゴロボールのこと!

低いボールの処理はGKとしてしっかり身につけておきたい技術の一つです!

 

 

キャッチングのフォームから確認して一つ一つの身体の動きを覚えていきます!

 

 

足を曲げる方向やステップをしながらのキャッチが意外と難しい!

いい構えからどうやって早く動き出すのか!?

 

 

どうやったら1回でボールをキャッチすることができるのか!?

反復練習で量も質も求めてトレーニングしました!

 

 

技術の使い分けもわかる!

 

 

同じ低いボールでも、倒れながらキャッチした方がいい場合と

ステップを運んでキャッチした方が確実にキャッチングができる場合があります!

 

 

そういった技術の使い分けもゲーム形式などのトレーニングの中で学ぶことができます!

 

 

実践の中でケースバイケースで学べる!

たくさんのGKがいるから色々なプレーを見ることができる!

 

 

 

基本的な部分から観て、聞いて、学んで、身に付く!

だからこそGK好きな選手たちがたくさん集まって練習し成長しています!

 

 

 

U-18グループはディフレクティングに特化!

 

 

U-18グループはディフレクティングといってシュートをとのヒラで弾く技術を練習しました!

 

 

 

強いシュートが来た時や、キャッチが難しいと判断した時によく使われる技術です!

 

 

実はこのディフレクティング種類が大きく分けて2つあります!!

知っていましたか?

 

 

手のひらの硬い部分で弾く方法と指先で弾く方法です!

こうした細かい技術の違いやポイントを学ぶことができるのもGK専門のスクールならではの特色だと思います!

 

 

 

 

シーンによって正しく技術の発揮ができるようにトレーニング!

 

U-18では、より実践的なトレーニングが多く入ってきます!

 

 

実際に飛んできたシュートに対して弾くのか?キャッチなのか?

弾くならば手のひらなのか?指先なのか?

 

 

 

単純なGKの技術練習ではなく様々な判断が出てきます!

 

 

コーチのフィードバックを1プレーずつ受けながらどんどんチャレンジ!

GKが主役の環境だからこそ上手くなる!

 

 

 

福岡ゴールキーパースクールでかっこいいシュートストッパーを目指そう!

 

福岡ゴールキーパースクールでは、GK専門の指導者がキーパーの技術や戦術を1から丁寧に指導します!

GKの醍醐味はシュートを止めること!

シュートが止めれるから楽しいし、もっとキーパーをしたくなる!

 

そのためにはGK特有の技術や戦術を知っておく必要があります!

どうせなら知っているだけではなく、それが身につけられるといいですよね!?

 

現在スクールでは、小学2年生から高校3年生まで幅広い選手が楽しくGK練習をしています!

GK初心者の選手、チームで満足にGK練習ができていない選手

まず一度無料体験にお越しください!

 

それでは!

 

 

STAFF☆ウッチー

 

福岡県の小学生・中学生のゴールキーパーのためのGKスクール!無料体験随時実施中!下記応募フォームよりお申し込みください!

LINEで送る
Pocket

まずは無料体験へ!

すでにチームでGKをやりながらゴールキーパーのトレーニングを受けたいという方はもちろん、これからGKを始めるといった初心者の方も、

という方は、まずは無料体験でプロの指導を受けてみませんか?前向きに取り組める環境を整えているので安心してください!失敗の数だけ成長できます。

誰でも「初心者」から始まっています。はやく始めるほど、上達も早くなります。ぜひシュートを止める快感を味わってほしいです。

また、現在抱えている悩みがありましたら、ぜひ私たちに教えてください!