8月14日2020GKサマーキャンプ 2日目〜朝食・AMトレーニング編〜 | 福岡ゴールキーパースクール

8月14日2020GKサマーキャンプ 2日目〜朝食・AMトレーニング編〜

2020年8月21日

おはようございます!

 

 

スタッフ・高森です!

 

 

 

夏恒例!福岡ゴールキーパースクールGKサマーキャンプが8月13・14日に開催されました!

4回に分けてGKサマーキャンプの様子をレポートしています!

3回目今日は2日目の午前トレーニングの様子をお届けします!!!

 

 

 

 

朝食は各部屋で豪華なお弁当!

 

通常のキャンプだと朝食はバイキング形式なのですが今回は各部屋でお弁当を準備してもらいいただきました!

 

 

おかずの種類も豊富で朝からしっかり栄養補給することができました!

熱中症に気をつけてGKトレーニングしていきましょう!!

 

 

 

 

 

まずは、U-12グループ!

 

2日目のU-12グループはダイビングをテーマにトレーニングを行いました!

 

まずは、飛んだ後の着地の部分を練習し、徐々に段階を上げて飛べるようにしていきました!

 

 

小学生も思いっきり地面から足を離してダイビングができるようになりました!

 

 

少し難しい動作にもチャレンジ!

正面からのシュートを止めた後に棒を回ってセービング!

 

 

ボールを回ってからセービングすることでスピードに乗った状態で飛べるのでダイビングの幅を出したり、飛ぶ動作の習得がしやすくなったりします!

 

 

身体を最大限まで伸ばして少しでもボールに触れるように!

走りながらジャンプする動作を反復練習しました!

 

 

 

 

キーパーの楽しみはシュートストップにあり!!

 

キーパーの醍醐味といえばシュートを止めること!

 

 

1日目に練習してボールに対しての準備の部分!

 

 

そして今回のトレーニングで習得したダイビングの部分!

この二つを組み合わせてゴールを守ります!

 

 

いいセーブが出たときの他のキーパー選手からの「ナイスキー」の声!

めちゃくちゃテンション上がりますよね!

集団でキーパー練習をするたのしみはここにもあると思います!

 

 

 

 

続いて、U-18グループ!

 

U-18グループはペナルティーエリアでのシュートストップをテーマにトレーニングを行いました!

 

 

まずは、ステップワーク!

昨日とは違って、前後のステップワークを行いました!

 

 

前後に移動することで重心の位置が変わるのでバランスが崩れやすくなります。

そこを構えの姿勢にスムーズに戻すためにステップの仕方を工夫しました!

 

 

 

 

技術を使い分け守る!

 

今回のトレーニングではコラプシングという技術を練習しました!

 

 

この技術は、足を横に払って素早く身体を倒すダイビング技術の一つです!

初めてこの技術を使う選手も多く基本的なポイントから抑えました!

 

 

正面のシュートコースが広いときにはワンステップダイビングなどを使う必要があります!

 

 

しかし、角度がありシュートコースが比較的狭い時や近距離でシュートをステップしなければいけない時

 

 

このコラプシングという技術が有効です!

 

 

技術の使い分けはゲームに近い状況のトレーニングの中で行いました!

 

 

今回は1対1のような状態でコラプシングを使っていきました!

 

 

最後に行ったゲームの中でもペナルティーエリア内に打たれるシュートに対してはコラプシングをうまく活用できていました!

 

 

技術に選択肢を持っていることでよりシュートを止めれる可能性がアップします!

どんどん練習して、選択肢を増やして行こう1

 

 

 

さぁ楽しかったキャンプの後は午後のトレーニングを残すのみ!

最後までみんなで突き破って行こう!

 

 

STAFF☆HIKAKIN

 

福岡県の小学生・中学生のゴールキーパーのためのGKスクール!無料体験随時実施中!下記応募フォームよりお申し込みください!

 

LINEで送る
Pocket

まずは無料体験へ!

すでにチームでGKをやりながらゴールキーパーのトレーニングを受けたいという方はもちろん、これからGKを始めるといった初心者の方も、

という方は、まずは無料体験でプロの指導を受けてみませんか?前向きに取り組める環境を整えているので安心してください!失敗の数だけ成長できます。

誰でも「初心者」から始まっています。はやく始めるほど、上達も早くなります。ぜひシュートを止める快感を味わってほしいです。

また、現在抱えている悩みがありましたら、ぜひ私たちに教えてください!