9月18日福岡東校GKスクールレポート☆技術に自信が持てる!自然に出るガッツポーズ!? | 福岡ゴールキーパースクール

9月18日福岡東校GKスクールレポート☆技術に自信が持てる!自然に出るガッツポーズ!?

2018年9月22日

おはようございます!

スタッフ・池上です!

 

今回のテーマは「ブレイクアウェイ」

今まで積み重ねてきた技術の精度をよりレベルアップするために学年関係なく自分と向き合いました。

 

 

 

まずはU-12からです。

 

能力アップに欠かせないジャンプのトレーニング!

 

 

着地した後にグラウンダーのボールをキャッチしやすい体勢を作りました。

 

 

できるだけ前でキャッチする!そのために体の動かし方を確認します。

 

 

続いて行なったのが、連続でダイビング!

初めは全く飛べなかった選手たちでしたが、ちょっとした体の使い方を伝えると…

 

 

少しずつ地面から足を離して飛ぶことができている選手がたくさんいましたね!

 

 

ダイビングの練習をするときに足の動きが非常に重要でした!

 

 

それを連続した中で行なった結果、フロントダイビングの時でも

足を地面から離して飛ぶことができる選手が出てきました。

 

 

プレッシャーがかかった状況下でもボールを奪いに行く姿勢が観れました。

フロントダイビングでも飛べるようになると守れる守備範囲も広がるのでボールを先に触ることに積極的になれます!

 

 

大きな声で相手を圧倒するプレーも見られましたね!!

技術がつくから自信がつく!

小さなこともコツコツ積み重ねましょう。

 

 

 

 

続いて、U-15です。

 

バージャンプ後にスムーズにキャッチングを行うためには身体を運ぶ必要があります。

足が揃っているとなかなか動けませんでした。

 

 

いい構えができているから、身体か運べているからいいキャッチングができます。

 

 

なのでキャッチング前の動きを意識するようなトレーニングを行いました。

この意識の高さがキャッチングの成功率に直結します。

 

 

続いて、中学生も連続でのダイビングを行いました。

 

 

中学生の場合、よりスピードを上げて逆サイドのボールをキャッチできるように

身体を回転させる動きをはじめに確認しました。

 

 

早くて迫力のあるダイビングを連続して行う中でもプレーの方向を前にすることも意識しました。

 

 

 

やはりここで飛べるようになった、成功した体験をしているので

実際の試合の状況に近づけたトレーニングでも足を離して遠くからアプローチすることができました。

 

 

身体をボール方向に傾けることでダイビングの姿勢を素早く作ることが出来ます。

 

 

最近、感情表現をするためのトレーニングの成果でしょうか?

プレーが成功したときには選手から自然にガッツポーズが出てきました。

 

 

ボールとの距離感をつかんで、いち速くボールに触ること伝えました。

 

 

遠くからフロントダイビングをするとそれだけ勢いを持ってボールキャッチが出来ます。

それだけ勢いを持ってボールにチャレンジできるとFW の選手へ大きなプレッシャーを与えることもできます!!

自分の能力が上がれば、もっと試合で活躍できます!

福岡ゴールキーパースクールでは経験豊富なGK専門の指導者がGKに必要な技術を確実に伝え、できるようにサポートしています。

 

あなたはキーパーの技術をどれだけ知っていますか?

その知っている技術を10回したら10回完璧にプレーすることはできますか!?

 

GKの技術は皆さんが思っている以上にたくさんあります。

 

専門のトレーニングを受けることで技術を知り、精度を上げる事が可能です。

GKを始めたばかりで何から始めていいかわからない選手やもっと上手くなりたいけど専門の練習をする環境がない選手はたくさんいると思います。

 

まずは、福岡ゴールキーパースクールで自信の持てる技術を獲得しましょう。

ぜひ体験にお越しください。

 

それでは!

 

 

STAFF☆神

LINEで送る
Pocket

まずは無料体験へ!

すでにチームでGKをやりながらゴールキーパーのトレーニングを受けたいという方はもちろん、これからGKを始めるといった初心者の方も、

という方は、まずは無料体験でプロの指導を受けてみませんか?前向きに取り組める環境を整えているので安心してください!失敗の数だけ成長できます。

誰でも「初心者」から始まっています。はやく始めるほど、上達も早くなります。ぜひシュートを止める快感を味わってほしいです。

また、現在抱えている悩みがありましたら、ぜひ私たちに教えてください!