11月12日福岡東校GKスクールレポート☆基本があるから応用がある! | 福岡ゴールキーパースクール

11月12日福岡東校GKスクールレポート☆基本があるから応用がある!

2019年11月18日

おはようございます!

 

 

スタッフ・高森です!

 

 

中学生も小学生も基礎から学べるからレベルアップできる!

 

今回の福岡東校は小学生と中学生合同でトレーニングを行いました!

GKの基礎技術は身につければ身につけるほど上手くなります!

中学生もさらに上を目指すために基本的に部分にこだわりを持って取り組みました!

ダイビングやキャッチングがうまくいかない選手は実は基礎技術の練習が足りていないかも!?

逆に基礎練習をすればあっという間に問題解決の可能性もありますよ!

 

 

 

倒れる技術はボールを胸にかかけて習得!

 

ダイビングなどの着地を身につけるためにはローリングダウンという倒れる技術の習得が必要です!

 

 

これを身につけるための導入練習として膝立ちになってボールを胸に抱えた状態で倒れる練習があります!

 

 

慣れてきたら立った状態から行います!

そうすることで地面に着地する恐怖心を払拭することもでき、正しい倒れ方を身につけることができます!

 

 

倒れる技術を習得することでたくさんのダイビングテクニックへと応用できます!

 

 

 

 

前に出るとき!出ない時!の守り方とは!?

 

今回は、1v1のトレーニングをメインで行いました!

 

 

いつどうやって前に出ればゴールを守れるのか!?

ここをあいまいにせず選手たちに落とし込むことで

 

 

ナイスキーパーが続出!!

 

 

最後のゲームでは選手たちが本気で勝負!

「キーパー!!」と自信を持って声を出し前に出ていくプレーが印象的でした!

 

 

出る出ないの判断の第一歩として「シュートコースの大きさ」を考える!

1v1に強くなりたい選手はぜひ一度練習しにきてみてください^^

 

 

 

U-15グループにはスピードと迫力を!

 

 

小学生と同じ練習をしていても距離感や求められるプレースピードは中学生グループの方が上!

 

 

どれだけ速くボールを奪うことができるか!?

 

 

もちろん相手のスピードも速い!

それに対応できるように判断のスピードや技術を発揮するスピードも上げなければいけません!

 

 

 

味方との連携を重視!

 

同じトレーニングの中でも中学生は味方選手との連携にフォーカス!

 

 

まずはシュートを打たれた時のGKプレーを練習!

 

 

身体を大きく広げて身体を張ってゴールを守ります!

 

 

そして、ゲーム形式では「寄せろ!」というコーチングからDFの選手とFWの選手の動きを見て適切なポジショニングをとる!

 

 

前に出なくていいと判断した時はしっかりシュートを止められるように最高の準備を!

自分一人ではなく味方と協力できた方がゴールを守れる可能性アップ!

 

 

福岡ゴールキーパースクールで、見落としがちな基礎トレーニングを受けよう!

 

福岡ゴールキーパースクールでは、キーパーコーチがGK選手に必要な技術や戦術を身につけるための専門トレーニングを行なっております!

ゴールキーパーになるとダイビングなどのかっこよくて華麗なプレーに憧れて練習すると思います!

しかし、その中でうまくいかない部分や怪我をしてしまった経験はありませんか?

 

実は、基本的なキャッチングや倒れる技術を十分に身につけていないとダイビングなどでは怪我をしてしまったりうまくシュートを止めれない可能性があります。

 

プロの選手みたいなかっこいいダイビングでチームのゴールを守れる守護神になるためにも

ここで基礎からGKトレーニングを始めてみませんか?

 

GK初心者の選手、GK練習がチームでなかなかできない選手

まずは一度体験にお越しください!

 

 

STAFF☆HIKAKIN

 

福岡県の小学生・中学生のゴールキーパーのためのGKスクール!無料体験随時実施中!下記応募フォームよりお申し込みください!

LINEで送る
Pocket

まずは無料体験へ!

すでにチームでGKをやりながらゴールキーパーのトレーニングを受けたいという方はもちろん、これからGKを始めるといった初心者の方も、

という方は、まずは無料体験でプロの指導を受けてみませんか?前向きに取り組める環境を整えているので安心してください!失敗の数だけ成長できます。

誰でも「初心者」から始まっています。はやく始めるほど、上達も早くなります。ぜひシュートを止める快感を味わってほしいです。

また、現在抱えている悩みがありましたら、ぜひ私たちに教えてください!