7月17日福岡東校GKスクールレポート☆着地した時の「痛い」は「怖い」を改善できる?! | 福岡ゴールキーパースクール

7月17日福岡東校GKスクールレポート☆着地した時の「痛い」は「怖い」を改善できる?!

2018年7月21日

おはようございます!

スタッフ・高森です!

 

 

7月の半ばに入り、大事な大会や遠征等が予定されていることと思います。

コンディションをしっかり整え万全の準備をして望みましょう!

ゴールキーパーは常にいい準備が必要ですよ?

 

=======================================================

 

今日のトレーニングテーマは「ブレイクアウェイ」

 

 

周りの声に左右されず、自分の考え・判断でプレーができるように練習の中で取り組もう!

そんな話をして今回はスタートしました!

 

 

 

まずはU-12からです。

 

前回のシュートストップでも確認した

 

「速い移動」

 

「速い反応」

 

をまずは確認しました!

実はブレイクアウェイでも必要なんです!

 

 

実際にスピードを持って移動することで

 

 

相手がトラップミスをした瞬間に思い切ってボールに行くことができました!

 

 

この時に使う技術を「フロントダイビング」と言います!

より速く・より安全にできるように2人組でフォームを作っていきます。

 

 

着地した時の「痛い」は「怖い」につながります!

痛くない着地ができているか気をつけました。

 

 

そして、ゴール前に戻りポジションチェック!

 

「前に出てシュートコースを狭めなきゃ…」

 

と考えていた選手たちに衝撃の事実が!!?

 

 

前に出たい気持ちを抑えて、いいポジションでいい構えをしました。

 

 

「本当だ、守れた!!」

選手たちの中で大きな気づきになったのではないでしょうか?

 

 

ボールを持った人からまずは何があるのか!?

 

そこを整理するだけで焦る気持ちは減って行きます。

だから、シュートが来ても反応できますよね!

 

 

実践形式の中でも練習通り落ち着いてプレーすることでゴールを守れる選手が増えました!

 

 

 

続いてU-15のトレーニング

 

まずは自分の背後にあるボールを守り続けるという練習。

相手がパス回ししているボールを奪える時は行かなければなりません。

 

 

動き続けるボールをよく見ながら、ボールを守るためのポジションに立ち続けます。

 

 

続いて3つのコーンゴールを守って行きます。

スピードをあげて移動しなければ簡単にゴールを許してしまいます!

 

 

最後まで諦めず、ボールに食らいつきます!

ゴールキーパーは技術や戦術も大事ですが、最後まで諦めずゴールを守る執念も大事ですよね!

練習から諦めない気持ちを持ってガムシャラにプレーできる選手は必ず成長できますよ^^

 

 

最後にはさらに移動距離を伸ばした状態でコーンゴールを守りました。

 

 

速い移動に加えて、ボールの行き先に合わせた最短距離での移動が必要になりました。

 

 

ゴールを守るために前に出るのではなく

 

ゴールを守るために◯◯◯◯で最速で移動をする

 

ということを意識しながら練習しました。

 

◯◯◯◯を知りたい人は体験でコーチに聞きましょう!!

 

 

速く移動できれば、相手選手より確実にいい準備ができますよね!

 

 

だからゴールを守れるんです!

 

 

いくら技術を練習して上手くなっても

その前段階で手を抜いてしまうとその技術は発揮できません!

ですから、日頃から移動スピードを上げることに取り組んでほしいと思います。

 

 

福岡ゴールキーパースクールに来ている選手は、チームでゴールキーパーの練習が出来ていない選手がたくさんいます。

 

チームのゴールを守るためには継続的なGK専門のトレーニングが必要不可欠です!

 

ここでGKの技術や戦術を学び、ゴールを守って信頼されるキーパーを目指しませんか?

信頼されるためには、専門GKトレーニングが必要です!

 

だからこそ!体験にお越しください!

それでは!

 

STAFF☆HIKARI

LINEで送る
Pocket

まずは無料体験へ!

すでにチームでGKをやりながらゴールキーパーのトレーニングを受けたいという方はもちろん、これからGKを始めるといった初心者の方も、

という方は、まずは無料体験でプロの指導を受けてみませんか?前向きに取り組める環境を整えているので安心してください!失敗の数だけ成長できます。

誰でも「初心者」から始まっています。はやく始めるほど、上達も早くなります。ぜひシュートを止める快感を味わってほしいです。

また、現在抱えている悩みがありましたら、ぜひ私たちに教えてください!