福岡ゴールキーパースクール

福岡ゴールキーパースクール
福岡ゴールキーパースクール,お電話でのお問い合わせはこちら092-407-3870 福岡ゴールキーパースクール,お電話でのお問い合わせはこちら092-407-3870
福岡ゴールキーパースクール,無料体験 福岡ゴールキーパースクール,無料体験

1月22日福岡東校GKスクールレポート☆ブロッキングの技術知ってますか?

2019年1月27日

おはようございます!

 

 

スタッフ・池上です!

 

 

今回のトレーニングテーマは「ブレイクアウェイ」

 

ブレイクアウェイとは、相手との1対1のシチュエーションのことです。

味方のDFラインが突破されてしまった状況でGK一人で大きなゴールを守るための

方法を各グループで学び、トレーニングしました!

 

 

まずは、U-12グループのトレーニング!

 

 

U-12は乙女座りからフロントダイビングのフォームを作っていきました。

 

 

低いボールを早く抑えられるように、倒れる方向や、

身体の倒し方などを確認しました。

 

1対1を制する優先順位!

 

 

つずいて行なったトレーニングでは、1対1の優先順位を確認しました。

まずはボールを持っている人からのシュートがあります。

 

 

その後に狙うことはなんでしょうか?

 

 

1対1は優先順位を覚えて、狙いを持ってプレーすることでゴールが守りやすくなります。

 

 

ただ前に出ていませんか?

コーチや周りの「前に出ろ!」につられて前に出て行ってませんか?

優先順位を知れば迷わずプレーできるようになります。

 

基本からブロッキングを学ぶ!

 

 

続いて、相手がドリブルでゴールに向かってきた時の対応を練習しました。

1対1の時は基本の構えが通常と異なります。

全員で構えのフォームを確認しました。

 

 

フォームチェックが終わると実際にコーチと1対1で勝負!

 

 

コーチが蹴る瞬間に体でブロック(壁)を作ることでシュートを止めることに成功しました。

構え方・フォームなど基礎からしっかり学べるから技術が身につく!

練習すれば確実に上手くなります。

 

 

続いて、U-15グループのトレーニング!

 

 

U-15はブロッキングのトレーニングからスタートしました。

 

 

1対1の状況で相手がシュートを打つ瞬間に全身で大きな壁を作ります。

この時に体を丸め込まず、広げることでより大きなブロックが作れます。

 

 

ブロッキングはシュートを身体に当ててゴールを守る技術です。

なので、セカンドボールへの対応が必要になります。

トレーニングではその部分も合わせて行いました。

 

 

ブロッキング技術の使い分け

 

 

ブロッキングにも色々な種類があります!

相手のファーストタッチを観て、距離感をつめ

 

 

近い距離感であればこの形のブロックを使う事が有効です。

 

 

また、距離感が遠い時や、ギリギリまで相手との距離を詰める時には

別のブロッキングを使うこともあります。

いろんな技術を知っておくと選択肢が増えて、より守りやすくなりますね!

 

GK個人戦術を学ぶ!

 

 

トレーニングでは技術だけでなく戦術も伝えています。

 

 

GKが優位になってゴールを守れるポジションや味方DFとの連携の撮り方など

 

 

明日からチームで使える内容盛りだくさんでした。

 

 

技術や戦術を知っているだけではダメです。

試合中にプレーできるか、ゴールを守れるかが重要です!

そのためには練習あるのみです!

 

 

福岡ゴールキーパースクールで技術と戦術+aを学ぶ!

 

福岡ゴールキーパースクールではキーパー専門のトレーニングをGK専門指導者が行なっています。

 

スクールでは基本的な技術から必ず学ぶ事ができます。

そこから技術と合わせて戦術も学ぶ事でよりゴールを守れるようになります。

 

また、チームのゴールを守るにふさわしい人物になるためにGKとして、人としての立ち振る舞いなども+aでコーチ陣が伝えます。

 

キーパー初心者選手やキーパー専門のトレーニングをチームで受ける環境がない選手はぜひ一度体験にお越しください。

 

それでは!

 

STAFF☆神

 

福岡県の小学生・中学生のゴールキーパーのためのGKスクール!無料体験随時実施中!下記応募フォームよりお申し込みください!

LINEで送る
Pocket

無料体験無料体験
@2018 福岡ゴールキーパースクール All Right Reserved.